ゼロから家を作る!それが設計事務所のやり方

理想の家、建てよう

こんな家が良い

マイホームを建てたいと夢みること、それはすなわち「こんな家が良い」という理想を持つこと。
外見のデザインがカッコ良い家。広々とした家。内装に凝った家。地震に強い家……。さまざまな希望や理想を、家には詰め込むということになるでしょう。
なぜなら、家に理想を持つこと、希望を持つことは、暮らしに理想と希望を持つことだからです。家は、暮らしのあり方を決める大切な要素のひとつなのです。
ところで、実際にマイホームを手に入れようと思うなら、住宅メーカーの作ったものを買ったり、骨組みがある上でカスタマイズしていくタイプの注文住宅を建てたりといったことが一般的です。
もちろん、それぞれのメーカーが心血を注いだ家は素晴らしい出来のものでしょうし、実際、多くの人がそんな家を買って充実した生活を送っています。
ただ、「こんな家が良い!」という強い、そして具体的な理想を持っている人にとっては、もうちょっと自由度が欲しいというのが本音でしょう。
出来れば、更地に土台を作るところから、柱を立て、間取りを決め、デザインを決めるところから関わっていきたい……と思っている人にとっては。

設計事務所へGO

まさに、そんな人のために存在しているのが、設計事務所であると言えます。建築設計事務所と呼ばれることもありますし、建築事務所と呼ばれることもあります。
ただ、この事務所の性格や特徴を一番よく表しているのは、設計事務所という呼び名でしょう。その名の通り、家の「設計」というところにしっかりと重きを置いてくれるのが、この事務所なのです。
こんな家が良い。こんな家にしたい。そういう希望を設計図に反映させたいという人のために、まさにそんなふうにして家造りを進めるサポートをしてくれるのが、設計事務所なのです。
更地にゼロから家が建つ。しかも、その家に住む人が理想とする家が建つ。そのためのあらゆることを、設計事務所ではやってくれるのです。

設計から始まる

設計事務所の仕事は、文字通り「設計」から始まると言っていいでしょう。図面に線を引き、まっさらな紙の上に、理想の家を建てるために必要な設計図を作り上げてゆくこと。「こんな家にしたい」という希望を盛り込むことが出来ます。

起工から竣工まで

設計事務所では、家の「設計」だけではなく、起工から竣工までの「建築」も面倒を見てくれます。設計図に描かれた通りの家を完成させ、理想の新生活を始めることが出来るかどうか。すべてはここに掛かっています。

予算の掛け方

予算に限りがある、効率のいいお金の使い方をして、理想の家を建てたい。そう思っているのなら、設計事務所はまさにうってつけの存在であると言えます。予算との兼ね合いの中で、バランスを取りながら家造りをしてくれるのです。

建築士について

設計事務所には、建築士と呼ばれる人が所属しています。彼らは設計図を作成するプロフェッショナル。家の建築のすべてにわたって、サポートをしてくれます。彼らに注目して、設計事務所を選びましょう。