ゼロから家を作る!それが設計事務所のやり方

建築士について

人で選ぶこと

マイホームを建てたい。そう思った人がすべきことは、マイホームとなる家を提供してくれる業者に会うこと。
たとえば、すでにある建売住宅を販売してくれる不動産会社のところへ。規格住宅をカスタマイズして理想の形に仕上げた物を販売してくれる住宅メーカーのところへ。
そして、家の設計から建築まで、すべてをゼロからやってくれる設計事務所へ……。
「設計事務所へ」という選択をしたときに必要なのは、それぞれの事務所に所属している建築士に注目すること。
設計事務所自体の実績とかサービスの質とかも、もちろん重要なことではありますが、建築士の人柄や能力というのも、重要なものなのです。
なぜなら、まさにその人と深く付き合い、言わば二人三脚で家を建てていくというのが、ゼロから建てるということだからです。

建築士の能力

建築士は、専門的な知識と技術を持っています。
「こんな家が良い!」という理想や希望は持っていても、実際に設計図を書くノウハウを知らない私たちにとって、その専門性をもとにして設計図を作ってくれる建築士という人たちは、理想を形にしてくれる人です。
つまり、具体的に、設計事務所を選ぶ際に基準となるのは、建築士の設計能力やコミュニケーション能力といったことになります。
こちらの希望を伝え、それを形にしてくれるという関わりの中で、特に必要なのがその2つの能力だからです。
いわゆる「良い人」と当たれば、親身になって話を聞いてくれて、出来るだけ希望は叶うような、かと言って家の質や安全性がおろそかにならないような家を設計してくれるでしょう。