ゼロから家を作る!それが設計事務所のやり方

予算の掛け方

設計事務所は高い?

設計事務所に依頼して家を建てる。それは、家を建てる中でもお金のかかる方法だと思う人も多くいらっしゃいます。
なぜなら、こういう言い方が正確かどうかはさて置き、設計事務所に依頼して家を建てるというのは複雑な流れで行われるものだからです。
「住宅メーカーにお金を支払って家を買う」という単純なものとは違って、そもそも施工主となる私たちが関わるのも、設計事務所と工事業者という、少なくとも2つの業者なのです。
前者には家の設計を依頼し、後者には実際の家の建築を依頼するということになります。
というわけで、住宅メーカーひとつを相手にするよりも予算が必要なのではないかということを、考える人が多いというわけなのです。
ただ、それは半分は正しいのですが半分は誤っています。設計事務所の門をたたくことが大金をかけて家を作ることに、すぐにつながるわけではないのです。

予算の範囲内で建てる

家を建てるということは、倍々ゲームのように費用がかかることだと思っている人も多いのです。
いざ買うとなると、こまごまとしたものを購入したり取り付けたりしなければならないことがわかってきて、結局は一番最初に予定していた費用よりも、ちょっと高めのお金が消えていったということもあるのです。
設計図を作り、その後、更地にゼロから家を建てるという自由設計というやり方は、まさにそのようなものであると、思われがちです。
設計事務所に設計の作成を依頼し、工事業者に工事を依頼するという流れがあるのですから、それも当然のことと言えるでしょう。
ただ、かならずしもそうであるとは限りません。なぜなら、自由設計というのは思いっきり豪華な家を建てることが出来る一方、思いっきり質素な、必要最低限の設備を備えた家を作ることも出来るからです。
「予算内で、こういう家を作りたいんです」という注文を、何しろゼロから建てるものですから、自由に設計し、建築の現場に回すことが出来るのが、設計事務所の最大の強みなのです。